OTO-Ohshima Tamashima Observatory-  Index  Search  Changes  Login

測光誤差

5.1 測光誤差の要因と誤差の評価

このページは、工事中です。

1フレームの測定で得られる等級で表した誤差σは、次式で表される。 (Everett and Howell (2001),PASP, 113,1428)

CCDequation.gif

ここで、 N_starは、アパーチャn_pix[ピクセル]内の星のカウント数(スカイを差し引いた後の値)。 N_skyは、面積n_sky[ピクセル]内のスカイの平均の明るさ[count/pixel]。 gは、CCDカメラのゲイン[e-/ADU]で、 Rは読出しノイズのrms[e-]である。

 アパーチャ測光では、スカイをはかる領域はできるだけ広い面積の方がよい (ただし、その領域内に他の星を含まないこと)ことが n_pix/n_skyという 項が存在することからわかる。


CCD測光のページへ戻る

技術的な覚書きのページへ戻る

OTO-Ohshima Tamashima Observatory-へ戻る

753
Last modified:2009/03/08 23:57:07
Keyword(s):
References:[CCDの選び方] [CCD測光] []