OTO-Ohshima Tamashima Observatory-  Index  Search  Changes  Login

食連星の極小時刻の決定

食連星の極小時刻の決定

Bob Nelsonによるソフトウェア "minima Ver. 2.3"を使う

(1)準備  極小を含む測光データのファイルを準備する。

H.J.D(日部7桁、日の少数部5桁)と等級の間をカンマで 区切ったCSVファイル形式

(ファイル名は "*.txt"とする。*は任意の文字列)

<例>実際にはデータ数はもっと多い

2455700.08279 ,-0.401
2455700.08437 ,-0.416
2455700.08594 ,-0.437
2455700.08752 ,-0.441
2455700.08912 ,-0.461
2455700.09861 ,-0.546

(2)minimaを立ち上げ(1)で作ったファイルを読み込む。

  • File→Open

(3)食連星の極小時刻決定で有名なKwee and van Woerden法を使う

Reference: Kwee(1953) B.A.N., Vol.12, p.327

  • 4.Kwee and van Woerden のGoボタンを押す
  • データをグラフ表示する窓が開くので、使うデータの範囲をマウス右ボタンで指定する。
  • 範囲を右クリックで指定すると、図のように紫色の縦線が表示される。

minimav23-1.gif

(4)グラフ表示窓の[Fit Kwee]ボタンを押すと極小時刻を決定してくれる。

この例では、2455700.05816±0.00022


OTO-Ohshima Tamashima Observatory-トップへ戻る

1284
Last modified:2011/07/11 08:31:02
Keyword(s):[食連星] [極小時刻の決定] [minima] [Kwee and van Woerden]
References:[食連星の観測のページ]