OTO-Ohshima Tamashima Observatory-  Index  Search  Changes  Login

LX200用シリアルケーブルの自作

シリアルケーブルの自作

LX-200Rのシリアルケーブルは純正品を買うと結構高いので自作することにした。

PCに接続する側は、普通のPC用シリアルケーブル(D-sub9pin メス)を買ってきて、半分の長さに切断する。LX-200側は、固定電話器のパーツ売り場で、6極4芯のモジュラープラグ( RJ22コネクター)の付いたケーブルを買ってきて、適当な長さに切断する。

あとは、下の表と図を参考にして必要な信号線3本だけ、それぞれのケーブルの切断した側の被服をはぎ、ねじって接続しハンダ付けし、熱収縮チューブで被覆しておく。結線部がちぎれないように束線バンドで固めておく。

D-sub側ピン番号信号(図中での色)RJ22側のピン番号
1(結線しない) 結線しない
2RxD受信データ(黒) 2
3TxD送信データ(赤) 1
4(結線しない) 3
5GND(黄) 4
6(結線しない) 結線しない
7(結線しない)
8(結線しない)
9(結線しない)

コネクターのピン配列

(2007年5月実施)


技術的な覚書きへ戻る

OTO-Ohshima Tamashima Observatory-トップへ戻る

1147
Last modified:2009/12/29 21:17:51
Keyword(s):[LX-200] [シリアルケーブル]
References:[技術的な覚書き]