OTO-Ohshima Tamashima Observatory-  Index  Search  Changes  Login

天体の分光

新規分野へ

レポート

  • SBIG DSS-7の試用

下の図は、天体を導入する視野(上)とそこへスリットをかぶせたもの(下)

導入用の視野は、スリットをはずしてグレーティングを回し0次の画像を得ている。 中央に見える縦長の「スリットマーク」を、実際のスリットの位置に合わせて調節しておき、そこへ天体を導入する。円形の空の1次スペクトル(水銀光害)が画面の右に見えている。コリメータとカメラレンズの焦点距離の比は2:1なので、視野は1/2にレデュースされているので天体の導入は楽である。

DSS-7の視野

スリット幅は5種類あって、上から400μm、200μm、50μm、100μm、400μm。

こんな写り具合です。

ベガのスペクトルの生画像Vega_sp.jpg

2009年9月20日 Meade LX200 20cm f/10 ST-8MEX -15℃ 1x4bin

分光標準星HR8634 露出30秒 スリット50μm 分光標準星HR8634

と P Cyg 露出30秒 スリット50μm

P Cyg


トップページOTO-Ohshima Tamashima Observatory-へ戻る

1124
Last modified:2009/12/26 21:40:24
Keyword(s):
References:[OTO-Ohshima Tamashima Observatory-]