OTO-Ohshima Tamashima Observatory-  Index  Search  Changes  Login

標準システムへの変換

変光星や系外惑星の測光観測で、通常使用されるのがCCDによる相対測光ですが、自分の観測装置(望遠鏡+フィルター+CCDカメラ+その観測地の上空の大気)で得られた等級は、あくまで「器械等級」と呼ばれ小文字のubvriなどと書かれ、そのままでは標準等級(こちらは大文字のUBVRcIc)にはならない。そのためには、2次減光補正とシステム変換という手順を踏む必要がある。変換のためには、自分の使用している観測装置の変換系数を決定しなければならない。

 実用的なシステム変換係数の求め方

 この標準BVRcIcシステム(Uバンドを含まない)への変換について、次のような利点を持った実用的な手法が考案されていて、その実行例も含めて次の記事にうまくまとめられている。

利点
・方法がCCD相対測光用に考慮されていて、大気の1次減光系数の値を知らなくてもシステム変換できる。
・ベストな測光夜(透明度と安定性の両方が抜群)でなくても、まずまずの空のコンディション
 でよく、しかも数夜に分けて観測すれば良い。
David Boyd (2012) JAAVSO, Vol.40, p990

元の記事のPDFファイルは ここにあります。

また、このほど日本語訳を作成しましたので、ここに置きます。

 なお、著者のBoydさんに日本語訳について問い合わせましたが、拒絶の返事も含めて何も応答がありません。もともと原著者は、書いた内容が広まり、ちゃんとした標準システムに変換したデータの取扱が広まることを願って書いたことは間違いないでしょう。ということは、公に認めた場合は、その日本語訳の出来まで含めて著者が認めたと受け止められかねないので、OKしにくいのかな、という理解もできるかもしれないと考えました。そして、全ては私の責任において日本語訳を公表いたします。日本語訳の出来具合に関しては原著者には、全く責任はないことをここに明記いたします。また、著者から今後何らかのアクションがあれば、その希望に沿うように直ちに対応するつもりです。

誤字脱字誤解を含め何でも気付いたことがありましたらo2(at)otobs.orgまでお知らせくださるととてもありがたいです。

なお、この記事には減光補正とシステム変換についての原理的なことが書かれてありませんが、Henden and Kaichuck(1982)"Astronomical Photometry"が最適です。部分訳ではありますが、次の古い日本語訳がありますので、必要に応じて参考にしてみてください。

整約の手引き

測光のイントロダクション

 2次標準星のソース

上記記事に紹介されている2次標準星野は、Hendenが観測してAAVSOのサイトに置いてあります。

ただし、そこにある膨大なファイル全部が2次標準星野として使えるわけではなく、必要なファイルだけをダウンロードすればよい。どのファイルが2次標準星野として使えるのかは、下記「10回以上等級が測定されている星野」を参照すると良い。

なお、このHendenのリストは、星の座標が度の小数で書いてあり、観測には使いにくい。そこで、度の小数を、時分秒(RA)と度分秒(Dec)に変換して出力するAWKスクリプト"test.awk"を用意した。

・Windowsなら、gwakをインストールし(Linuxなら初めからインストール済み)、コマンドプロンプトで、ファイルの置いてあるフォルダーに移動してから

>type varcas06.dat | gawk -f test.awk >varcas06hms.dat

とすれば、赤経が時分秒、赤緯が度分秒に変換されたファイルになる。

この例では、"varcas06.dat"が変換したい元のHendenの2次標準星ファイルの一つで、

    "varcas06hms.dat"が変換後の出力ファイル名である。

なお、gwakのインストール方法は「windows gawk インストール」などで検索すればすぐわかります。

少し古いのでよければベクターでhttps://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/util/se376460.html

新しいのはhttps://sourceforge.net/projects/ezwinports/files/

などにある。zipファイルを解凍すれば実行ファイルが入手できる。

10回以上等級が測定されている星野

 上記のように2次標準星として利用できるHendenのCalibration Fieldsは、しかし、このままでは使いにくい。つまり、 (1)10回以上測定されている領域がどれなのか、ファイルを開いて見てみないとわからない (2)複数の領域がまとめて1つのファイルに収納されているものも多く、ファイル名を見ただけでは判断ができない。

そこで、以下のindexリストに、10回以上測定されている領域名(field name)とそれが収納されているファイル名を書き出したので利用して欲しい。

field namefile name
10100244v603aqlbvri.dat
100_162master_sro.dat
100_394master_sro.dat
101_282master_sro.dat
101_333master_sro.dat
102_58master_sro.dat
102_625master_sro.dat
103_462master_sro.dat
103_483master_sro.dat
103_526master_sro.dat
106_575master_sro.dat
106_585master_sro.dat
107_347master_sro.dat
107_990master_sro.dat
108_512master_sro.dat
109_396master_sro.dat
110_340master_sro.dat
111_2522master_sro.dat
111_2864master_sro.dat
111_775master_sro.dat
112_1370master_sro.dat
112_712master_sro.dat
113_459master_sro.dat
114_176master_sro.dat
114_252master_sro.dat
114_750master_sro.dat
115_273master_sro.dat
115_427master_sro.dat
19master_sro.dat
21master_sro.dat
92_235master_sro.dat
92_263master_sro.dat
92_409master_sro.dat
92_508master_sro.dat
93_332master_sro.dat
94_305master_sro.dat
95_132master_sro.dat
95_149master_sro.dat
95_96master_sro.dat
96_180master_sro.dat
96_235master_sro.dat
97_351master_sro.dat
97_75master_sro.dat
99_296master_sro.dat
99_438master_sro.dat
AAVSO-11master_sro.dat
AK_GEMakgem.dat
AN_SERmaster.dat
AR_HERarher.dat
AR_SERmaster.dat
ASAS_1826asas1826.dat
ASAS_3master_sro.dat
AT_ANDatand.dat
AY_SGRmaster.dat
BB_VIRmaster.dat
BD_CASmaster.dat
BF_SERmaster.dat
BG_GEMmaster.dat
BK_ERImaster.dat
BO_CEPmaster_sro.dat
BP_VULbpvul.dat
BT_AQRmaster.dat
CE_CAScecas.dat
CM_ORImaster.dat
CVN1641cvn.dat
CZ_LACcalac.dat
DL_HERdlher.dat
EE_CEPeecep.dat
EV_AQRecaqr.dat
F108master.dat
G0748g0748.dat
G2605g2605.dat
G3018g3018.dat
G45_20czoria.dat
G4686g4686.dat
GD71gd71.dat
GI_GEMmaster.dat
GL_CYGmaster.dat
GRB030329master.dat
GT_AQRmaster.dat
GV_PEGmaster.dat
GZ_DELmaster.dat
HD121968master.dat
HD168418master.dat
HO_VULmaster.dat
HZ_PERmaster.dat
IRAS_00470master_sro.dat
IT_LACmaster.dat
J1118kvuma.dat
J1915j1915.dat
LS_AQLmaster_sro.dat
LT_CASmaster.dat
M27m27.dat
M67m67.dat
MARK_Amaster.dat
MQ_AQLmaster.dat
NGC6811Dngc6811.dat
NGC7790master.dat
NMON02czoria.dat
NSGRO8nsgr08.dat
NSV14237master.dat
NSV14312master.dat
NSV14350master.dat
NSV1436nsv1436.dat
NSV14539master.dat
NSV14569master.dat
NSV14645master.dat
NSV4493master.dat
NT_SCTmaster.dat
OV_TAUovtau.dat
OW_GEMowgem.dat
P403F423p403f423.dat
P465F226p465f226.dat
P537F454master.dat
P619F437master.dat
P619F439master.dat
P627F479master.dat
PG0231pg0231.dat
PG0918master.dat
PG1047master.dat
PG1323master.dat
PG1633czoria.dat
PG2213master.dat
QX_PUPmaster_sro.dat
R_CRBrcrb.dat
R_LMImaster_sro.dat
RR_MONmaster_sro.dat
RS_MONmaster_sro.dat
RU149czoria.dat
RU152master.dat
RV_CAPmaster.dat
RV_CETmaster.dat
RW_CNCrwcnc.dat
RXJ0232rxj0232.dat
RY_LEPmaster_sro.dat
RZ_CETmaster.dat
RZ_LYRmaster.dat
SA100master.dat
SA107master.dat
SA109master.dat
SA1103master.dat
SA1105master.dat
SA111master.dat
SA1119master.dat
SA112master.dat
SA113master.dat
SA114master.dat
SA116master.dat
SA124czoria.dat
SA132czoria.dat
SA44master.dat
SA52czoria.dat
SA61master.dat
SA68master.dat
SA84czoria.dat
SA92master.dat
SA93master.dat
SA95master.dat
SA96czoria.dat
SA97czoria.dat
SA98master.dat
SA99czoria.dat
SAO_206462master_sro.dat
SAO_55543master_sro.dat
SAO_57014master_sro.dat
SAO_58628master_sro.dat
SAO_62058master_sro.dat
SAO_62532master_sro.dat
SAO_66817master_sro.dat
SAO_69596master_sro.dat
SAO_77136master_sro.dat
SAO_80640master_sro.dat
SDSS1553master.dat
SS_CYGsscyg.dat
ST_PUPmaster_sro.dat
SW_ANDswand.dat
TT_CASmaster_sro.dat
TT_MONmaster_sro.dat
TU_CASmaster.dat
TU_UMAmaster.dat
TY_SCTmaster.dat
TZ_AURmaster.dat
U_CETmaster_sro.dat
UZ_SCTmaster.dat
V1032_OPHmaster_sro.dat
V1052_SGRmaster.dat
V1084_OPHmaster.dat
V1089_SGRv1089sgr.dat
V1093_OPHmaster.dat
V1106_CYGmaster.dat
V1109_CYGmaster.dat
V1137_CYGmaster.dat
V1280_SCOv1280sco.dat
V1281_SCOv1281sco.dat
V1687_CYGmaster_sro.dat
V1882_SGRmaster.dat
V1895_CYGmaster.dat
V2362_CYGv2362cyg.dat
V2491_CYGv2492cyg.dat
V347_LYRmaster.dat
V360_LYRmaster.dat
V363_CASmaster.dat
V371_PERmaster.dat
V443_LYRmaster.dat
V495_CYGmaster.dat
V504_PERmaster_sro.dat
V504_SGRmaster.dat
V714_CYGmaster.dat
V723_AQLmaster.dat
V805_SCOmaster.dat
V910_AQLmaster.dat
V979_AQLmaster.dat
VAR_CAS_06varcas06.dat
VY_SERmaster.dat
W_VIRwvir.dat
WZ_OPH_NIGwzoph.dat
WZ_SGEwzsge.dat
X_ARImaster.dat
XX_ANDxxand.dat
XZ_CYGmaster.dat
Z_CVNmaster.dat
Z_UMImaster.dat

トップページOTO-Ohshima Tamashima Observatory-へ戻る

32
Last modified:2018/11/12 21:10:43
Keyword(s):
References:[CCD測光] [測光システムとフィルター・標準星]