OTO-Ohshima Tamashima Observatory-  Index  Search  Changes  Login

食連星の半径

円軌道を持つ食連星の半径

星1の半径をR1、星2の半径をR2 円軌道の半径a、軌道の位相角θとすると bin_orbit.gif

第1接触(図の上側、Gは共通重心)では 赤い線分の長さはR1+R2であり次のような関係が成り立つ

R1+R2 = a*sin(θ1)   ‥‥(1)

同様に第2接触(図の下側)では 赤い線分の長さはR1-R2であり次式が成り立つ

R1-R2 = a*sin(θ2)   ‥‥(2)

(1)式+(2)式

2*R1=a(sin(θ1)+sin(θ2))
       a
 R1 = ---(sin(θ1)+sin(θ2))
       2

これを(2)式に代入して

       a
 R2 = ---(sin(θ1)-sin(θ2))
       2

light_curve.gif

光度曲線から位相角θ1とθ2を読み取ると、軌道半径aが不明でも星の半径比R2/R1を求めることができる。

  R2      sin(θ1)-sin(θ2)
 ---- = -----------------------
  R1      sin(θ1)+sin(θ2)

OTO-Ohshima Tamashima Observatory-へ戻る

食連星の観測のページへ戻る

904
Last modified:2012/03/02 09:33:53
Keyword(s):
References:[食連星の観測のページ]