OTO-Ohshima Tamashima Observatory-  Index  Search  Changes  Login

スライディングルーフの遠隔制御

TCP/IPによるスライディングルーフの遠隔制御

                                     (2006.11.13)

観測小屋をネット越しに制御するようにした。

まず、スライディングルーフを電動化オプションで発注しておき、設置後、それをTCP/IPで制御するように手を加えた。

TCP/IP制御に使った製品 IP Power9212 秋月電子扱い7800円

この製品は下の写真のように3つのユニットからなる。 最上段が制御ユニット、中段が出力ユニット、最下段が入力ユニット。 各ユニットのサイズは120x80x25mmととても小型である。

koya 062.jpg

出力ユニット

中段の出力ユニットは、定格AC250V10AまでSSRで制御できる。

OUT1からOUT4までがNormal Close(B接点)でOUT5〜OUT8までがNormal Open(A接点)となっている。

接続

ルーフ制御盤のRoofCloseボタンをOUT7に、同RoofOpenボタンをOUT8にそれぞれ並列(OR)接続した。またSTOPボタンをOUT1に直列(AND)接続した。

残りの接点はOCCDカメラと小屋内にあるフラットフィールド撮像用スクリーン照明、望遠鏡LX200Rの電源の制御に割り当てた。

OUT1 ルーフSTOP
OUT2 ST-9XE OFF
OUT3 なし
OUT4 なし
OUT5 フラットライトON
OUT6 LX200R ON
OUT7 ルーフ閉める
OUT8 ルーフ開ける

入力ユニット

IN1〜IN4までが電圧入力で、IN5〜IN8までが抵抗入力となっている。

ここに、左右の移動屋根の開端と閉端のリミット出力(Normal Open接点)を接続した。

IN5がR-closed右閉端
IN6がL-closed左閉端
IN7がR-opened右開端
IN8がL-opened左開端

これらを、スライディングルーフ制御盤の下部に設置した。 写真の右上に開閉用モータが見える。

koya 065.JPG

3つのユニットをホームセンターで買ってきた穴あきステンレス板で接続し、ドリルビスで制御盤下部に固定した。大きさを知る目安のために鉛筆を一緒に添えた。

koya 074.JPG

koya 075.JPG

IP Power9212のIPアドレスの設定は、DHCP取得するようになっているが、付属のソフトを使い手動で都合に良いIPアドレスに設定した。

制御画面

下の画像は、ブラウザーでLAN越しに出力を制御している画面。屋根をOpenしているところ。

ipowerIOcontrol.gif

なお、あらかじめ時刻と動作設定をしておけば、スケジュール制御もできる。下の図はその画面。

ippowerSchedule2.gif

このあと、望遠鏡や屋根などの監視用に、WebカメラBL-C10 (Panasonic製)を設置し、ネットワーク越しにいつでも小屋の内部をモニターできるようにした。


スライデングルーフの様子トップへ戻る

OTO-Ohshima Tamashima Observatory-トップへ戻る

794
Last modified:2009/01/25 17:03:18
Keyword(s):
References:[再建 スライディングルーフ] [スライデングルーフの様子]