OTO-Ohshima Tamashima Observatory-  Index  Search  Changes  Login

sextractor

                       

 Sextractorは、天体画像から天体のカタログを作成してくれるソフトです。http://www.astromatic.net/software/sextractor

1. まず、インストール

使うOSは、Ubuntu10.10とします。上記URLからダウンロードしても良いのですが、最新のバージョンをソースからインストールしコンパイルしようとすると、FFTWが倍精度でないだのいろいろと難しい問題が多いので、UbuntuのSynapticで"sextractor"を検索しインストールしました。バージョンは2.4.4-1とやや古いのですが、いろいろなパラメータファイルやフィルターファイル類も/usr/share/sextractor/ひと通りインストールしてくれるので助かりました。 以下は、http://subarutelescope.org/Observing/DataReduction/mtk/subaru_red/SPCAM/autumn07/photom.txtを参考にしました。

2. 設定

(1)作業用ディレクトリを作る。

$ cd (私の作業ディレクトリ)
$ mkdir sextractor
$ cd sextractor

デフォルトファイルとガウシアンフィルターのコピー

$ cp -p /usr/share/sextractor/[dg]* .

マニュアルは http://www.astromatic.net/software/sextractor のユーザーズマニュアルを読む。

(2) 動作確認  仮に適当な天体画像ファイル"testimage.fit"が同じディレクトリにあるとする

$ sextractor testimage.fit

test.cat が出来る。

(3)調整 ・バックグラウンド ・convolution filter ・threshold(敷居値) を以下のように調整する。

3a バックグラウンド (cf. マニュアル 6.1.1)

設定ファイル中の BACK_SIZE, BACK_FILTERSIZE を調整します。 まず、デフォルトの設定ファイル default.sex をback.sexというファイルに別名でコピーする。

$ cp default.sex back.sex

この back.sex を vimで編集。 以下になるように該当行を変更。

==(back.sex)
CHECKIMAGE_TYPE BACKGROUND
DETECT_THRESH 100.
ANALYSIS_THRESH 100.
CATALOG_TYPE FITS_LDAC
PARAMETER_NAME back.param
==

次に back.param を作成する。

% echo NUMBER > back.param

トップページOTO-Ohshima Tamashima Observatory-へ戻る

1001
Last modified:2011/02/19 18:00:55
Keyword(s):
References: