OTO-Ohshima Tamashima Observatory-  Index  Search  Changes  Login

II Peg

1月9日の観測

18h23m - 22h37m  20cm U-band 露出60sec 比較星:HD223925

      10日朝に薄明フラットを取得し、測光処理した結果(下側の図は、時間軸を拡大したもの)

HJDで、56301.957(JST:9日19h58m)辺りにフレアの可能性のある0.1等程度の増光が見られる。他波長や他所のUバンド、分光観測の結果との照合が求められる。

II_Peg20130109@oto.gif

同じく56301.970辺りの単発的な増光はフレアとは思われない。 また、02.04以降の増光は、目的星(K2IV)と比較星(A0)の色が異なるための見かけの増光(高度が下がってきて、大気減光はより青い星によく効くため、比較星の方がより減光した)でありリアルな現象ではありません。

1月10日の観測 

18h40m-22h07m 20cm U-band 露出60sec 比較星:HD223925

II_Peg20130110@oto.gif

全体のベースは、昨夜より0.3等程度明るくなっている。分光観測(Hα線とHβ線が昨日より強くなっている)と関連があるのか。

HJD-2456300で2.98辺りは雲の通過による現象でしょう。

同じく3.025辺りの増光は、原因不明。

3.03以降は低空にためにデータの信頼性が低い。

1月11日の観測 

18h20m-22h02m 20cm U-band 露出60sec 比較星:HD223925

II_Peg20130111@oto.gif

全体のベースは、昨夜より0.2等(1月9日からは0.5等)程度明るくなっている。

4.01以降は低空のためにデータの信頼性が低い(昨夜よりも少し透明度が悪い)。


To top page

1140
Last modified:2013/01/11 23:17:09
Keyword(s):
References: